恋愛・ハウツー

冷たい男は本当にモテるの?

投稿日:

冷たい男がモテる理由

優しいだけではモテないという話を聞いたことがあるでしょうか。

男は優しい人がいいと言いながらも、実際にモテるというような人は気を使うようなタイプではなく、女性に対してちょっと冷たい態度をとるような人なのではないかと思われている人もいます。

では、本当に冷たい男はモテるのでしょうか。冷たい男を通してモテるか否かをご紹介していきます。

冷たい男がモテる理由

冷たい男がモテる理由というのは、堂々とした態度であるように見え、余裕のある男性であるように女性は感じて、頼りがいがあると女性が錯覚してしまう傾向にあります。

優しくて気を使っている男の人は女の人からすると、女に媚びている、下心があって近づいていると勘違いしてしまい、女性は気を使って優しい男よりも冷たい態度をとっている男に対しての警戒心の方が緩くなります。

自分に対してあまり構ってこないなと分かると、この人は女性に対して下心が無さそうで安全な人だなというような考えに至ってしまいます。

結果的には冷たい男がモテると言えます。

モテる女ほど冷たい男に落ちやすい

モテる女の人の彼氏が愛想が悪くて彼女のことを大切にしていないのではないかと思われるような男を連れていることはよくあります。

実は冷たい男に弱いタイプというのは、モテる女によく見られる傾向でもあります。

モテる女の人は自分に対して男の人は気を使うのは当たり前となっていて、何もしなくても多くの男性は優しくしてくれます。

そのなかで、冷たい男がいると「なぜこの人は私に冷たくできるのだろうか」と他の男とは異なる人物に見えてしまい、それが特別意識へと繋がり興味を持ってしまいます。

優しい男の人は周りにたくさんいるため、それ以上の興味を持つこともないのですが、冷たい男は特別な存在に見えてしまい、モテる女ほど冷たい男に落ちやすくなっています。

LINEの速読スルーで冷たさを演出

冷たい男を演じて女性にモテたいと思っても、どのような態度をとるべきなのかわからないという人も多いのではないでしょうか。

そのような男性はまずはLINEを利用して、冷たい男を演じてみるのもいいかもしれません。

女性からLINEが来るとすぐにでも返信をしてしまいたい気持ちはあるかもしれませんが、冷たい男はLINEを安易に返信したりはしません。既読をはして、まずはスルーします。

そうすることで、自分には興味ないのかも知れないという不安な気持ちにさせて興味を自分にと向けることができます。

冷たい男は女の人に対してガツガツしていないというイメージを持たれ、既読スルーをすることで簡単にはなびかないタイプなのだという好奇心に変えることができるのです。

冷たいなかに優しいエッセンス

冷たい男はモテるのですが、そのなかでもきちんと優しさのエッセンスがないと、ただの嫌なやつに思われてしまいますので注意が必要です。

日頃から優しい人が優しくしても、それは日常なので女性の心に響きません。

しかし、冷たいなかで時おり思いやりの言葉をかけたり、特定の女性だけにさりげないやさしさをみせたりすると自分にだけは優しくしてくれると特別意識を持ちます。

普段は冷たい人がさっとものを持ってくれるだけでも、自分にはこんなにも優しくしてくれたと必要以上に感心され、いつも優しい人がすることを冷たい男がすることでとてつもない偉業を成し遂げたような感覚にさせられるという傾向にあります。

冷たいなかに優しさも時には必須です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

冷たい男がモテる理由について、理解をすることができたのではないでしょうか。

冷たい男というのは、ただ気を使ったりしていないだけなのに、女性に対してがっついていないというような印象を持たれ、余裕があるように思われてモテる傾向にあります。

特に普段から男性に優しくされることに慣れているモテる女性は、冷たい男は特別な存在に映ってしまい興味を持ってしまいます。

女性にモテる冷たい男を演出するためには、まずはLINEのメッセーが女性から届いても、内容だけ確認して既読スルーをし、女性にはがっついていない余裕を見せつつ、冷たい男を演じているなかにも、時おり優しさも取り入れることで、女性をメロメロにできるはずです。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
factory

factory

運営者:貸金業店長を7年やってたこともあります。女性の気持ちを理解するために恋愛関係の本を200冊以上読み、38歳の時に10歳年下の女性と出会い結婚。 現在、42歳。同年代の男性の悩みを解決するべく日々頑張っております。

-恋愛・ハウツー
-,

Copyright© otonamens-factory.jp , 2019 All Rights Reserved.