健康 薄毛対策

ハゲる前に!育毛シャンプーの正しい選び方と使い方♪育毛剤との違い

更新日:

ハゲる前に!育毛シャンプーの正しい選び方と使い方♪育毛剤との違い

薄毛は気になるけど、「育毛シャンプー」は何を選んでいいか分からないという人へ。この記事では、「育毛剤と育毛シャンプーの違い」「育毛シャンプーの正しい選び方と使い方」をなどこれから薄毛対策を行いたい人に向けてしっかりレクチャーしたいと思います。

この記事で分かること

  • 育毛剤と育毛シャンプーとの違い
  • 薄毛対策に育毛シャンプーは効果があるのか?
  • 育毛シャンプーの選び方
  • 育毛シャンプーを使う時の注意事項やポイント
  • スカルプDシャンプーが人気の理由

育毛剤と育毛シャンプーとの違いは?

育毛剤と育毛シャンプーとの違いは?

育毛剤と育毛シャンプーの違いは「育毛効果」があるかどうかです。「育毛剤」は育毛効果があり、「育毛シャンプ―」は育毛効果はありません。しかし、育毛シャンプーが薄毛対策に不必要かというとそうではなく、上手に利用することで育毛剤の効果を高めることができます。

育毛剤とは

育毛剤はセンブリやトウガラシのエキスなど、血行を促進する成分が含まれていて、この成分を浸透させることで、頭皮を健康にするのです。頭皮が元気で血行が良いと、すみずみまで栄養が行き渡るため、太くて立派な髪の毛が育ちます。また、毛穴も引き締まり、抜け毛の量が減るため、薄毛の進行を抑えることができるのです。

育毛シャンプーとは

育毛シャンプ―は、高い洗浄力で余分な皮脂や雑菌を取り除き、正常な肌環境を保ちます。余分な皮脂は毛穴に入り込んで炎症を起こすことがあり、雑菌が繁殖するとフケの原因にもなるため、しっかりと洗い流さなくてはいけません。頭皮を清潔にすることで、フケやかゆみが抑えられ、髪の毛が健康的に育つ肌環境になります。

薄毛対策に育毛シャンプーは効果があるの?

薄毛対策に育毛シャンプーは効果があるの?

頭皮がオイリー肌の人

頭皮の皮脂が多く分泌されるオイリー肌の人には、薄毛対策として育毛シャンプーは効果的です。余分な皮脂は毛穴をふさぎ、炎症を引き起こすこともあります。また、皮脂を栄養にして雑菌が繁殖するため、常に清潔にしておく必要があるのです。頭皮が脂っぽい、頻繁に頭がかゆくなるといったトラブルは、薄毛の原因になるため、育毛シャンプ―を使って肌環境を整えましょう

 

頭皮が乾燥している人

また、頭皮が脂っぽくない人や乾燥肌の人でも、育毛シャンプーによる薄毛対策は効果的です。保湿成分が入った育毛シャンプ―を使用することで、頭皮が潤い、毛穴の活性化につながります。頭皮の状態は常に一定ではなく、食生活やストレス、季節などさまざまな要因で変わるものです。「肌が乾燥している」と思った時は、保湿成分入りの育毛シャンプ―を使いましょう

 

育毛シャンプーと育毛剤を併用すると効果的

徹底的に薄毛対策をしたいという人は、育毛シャンプ―と育毛剤を併用してください。頭皮をきれいにしたうえで育毛剤を使用すると、育毛剤の成分が直に吸収されるため、より多くの効果が期待できます。育毛剤を使用する時は、普通のシャンプーよりも洗浄力の高い、育毛シャンプ―を使ってください。

育毛シャンプーの選び方

育毛シャンプーの選び方

育毛シャンプ―が薄毛対策に効果的だということはわかりました。では続いて、どのようなシャンプーを選べば良いのかご紹介します。

①育毛シャンプーが自分の肌に合っているかどうか?

育毛シャンプ―で注意したいのが、洗浄力です。洗浄力が強すぎるシャンプーを使うことで、肌を守るために必要な菌や皮脂まで洗い流してしまう危険があります。

皮脂に悩んでいない乾燥肌質の人は特に、洗浄力を強みにした商品を避けて選んでください。自分の肌の状態をしっかりと見極めたうえで、育毛シャンプ―を選びましょう。

②頭皮に優しい成分を使用している

育毛シャンプ―は商品によって成分が違い、洗浄力を売りにしているものは、洗浄作用の強い成分が含まれていることが多い分、頭皮に負担をかけてしまいます。「ラウリル硫酸Na」など、「硫酸」とついている成分には要注意です。これらが含まれる商品は、せっかく育毛シャンプ―で肌の環境を整えようとしても、かえって頭皮の状態を荒らしてしまう可能性があります。

シャンプーを選ぶ時は、なるべく頭皮に負担のかからないものを選びましょう。「ヤシ油脂肪酸」や「グリシン」は肌に優しい成分であるほか、「アミノ酸」という、髪の毛を作り出す栄養分でもあります。アミノ酸が含まれるシャンプーを使用することで、頭皮環境を整えるだけではなく、髪の毛のケアもできるのです。

【避けたい成分】

  • ラウリル硫酸Na
  • 硫酸

【頭皮に優しい成分】

  • ヤシ油脂肪酸
  • グリシン
  • アミノ酸

③保湿成分が入っている

手や足の肌と同じく、頭皮も乾燥してさまざまなトラブルを招きます。夏は紫外線や空調に当てられることで、冬は空気の乾燥によって、失われていく肌の水分。頭皮が乾燥するとフケの原因になるほか、肌に張りがなくなり、髪の毛を支える力が衰えてしまうため、日頃のケアが大切です。

育毛シャンプ―を買う時は、「ピロリドンカルボン酸」や「アムラ」などの保湿成分が含まれている製品を選びましょう。また、「ツバキ油」や「アルガンオイル」など、天然由来の成分は保湿力が高く、髪の毛のケアにも効果的です。シャンプーで汚れを落とすと同時に、頭皮と髪のケアもできるため、薄毛対策を考えるのであれば、保湿成分入りのシャンプーを使ってください。

【育毛シャンプーに含まれていると望ましい保湿成分】

  • ピロリドンカルボン酸
  • アムラ
  • ツバキ油
  • アルガンオイル

育毛シャンプーを使う時の注意事項やポイント(使い方)

育毛シャンプーを使う時の注意事項やポイント(使い方)

せっかく自分に合った育毛シャンプーを手に入れても、使用方法に間違いがあっては意味がありません。ここでは、育毛シャンプ―をより効果的に使用できるよう、いくつかのポイントと、注意点をまとめました。ぜひ参考にしてください。

ココがポイント

  1. 髪を洗う前にブラッシングをする。
    髪の毛についたホコリが取れるほか、からみついた髪の毛をほぐしてシャンプーを泡立てやすくする。
  2. シャンプーする前にぬるめのお湯で髪を洗い流す。
    ブラッシングで落としきれなかった汚れを洗い流すことが出来る。
  3. 育毛シャンプ―はしっかりと泡立ててから頭につける。
    頭皮の上で泡立てるよりも摩擦が少なく、髪の毛と肌の負担が減る。
  4. リンスやトリートメントを使用する時は、頭皮ではなく毛先につける。
    リンスなどが毛穴に入り込むことを防ぎ、育毛剤を毛穴に入れることが出来ます。

【注意事項】

  • 爪を立てて洗わない。頭皮を傷つけないよう、指のはらで優しくマッサージする。
  • シャンプーは洗い残しがないように気を付ける。必要であれば、2度洗いをする。
  • 育毛剤をつける場合は、直前にリンスやトリートメントを使わない。リンスなどを使用すると、肌がリンスでコーティングされて、育毛剤が上手く浸透していかないため。

スカルプDシャンプーが人気の理由

スカルプDシャンプーが人気の理由

「薄毛対策」と聞けば、多くの方がスカルプDを思い浮かべるでしょう。芸人や芸能人を起用して印象的なCMを流しているため、記憶に残りますが、どのような点が評価されているのかを、知っている人は少ないです。スカルプDの人気の理由を知ることで、薄毛対策の道も大きく開けることでしょう。

スカルプDが評価されているのは、植物由来の成分を使用しており、頭皮に優しい仕様となっているからです。スカルプDが製造しているのは、肌に負担をかけない「アミノ酸系」の育毛シャンプーになり、使用者からは「フケ・かゆみがなくなり、頭皮環境が整った」という意見も寄せられています。

また、性別・年代・肌の状態に合わせて、シャンプーを開発していることも魅力の一つです。どの年代でも薄毛に悩む人はいますし、肌の環境は人それぞれ違うため、スカルプDは医療機関と提携して多くの研究を重ねることで、より効果的なシャンプーの開発を進めているのもスカルプDの魅力の一つではないでしょうか。

薄毛対策を考えている人は、スカルプDを試して見ることをオススメします。

【一緒に読みたい記事】

3/31まで限定発売!「ペヤング&スカルプD育毛やきそば」とは

【40代・中年男性】口臭対策におすすめ!口臭サプリランキング

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Dr.B

Dr.B

元大学講師。大学では医療、健康、生命科学関連の研究と教育を長年行ってきました。現在は医療関連の企業の顧問を担当しています。培ってきた知識を元に皆さまのお役に立てる記事を書いていきたいと思います。

-健康, 薄毛対策
-, , , ,

Copyright© otonamens-factory.jp , 2019 All Rights Reserved.