デート&恋愛・ハウツー

モテる男は嫉妬されるもの。同性に嫉妬してしまう理由とは

モテる男は嫉妬されるもの

女性からモテて充実した時を過ごしていたら、同性から足を引っ張られたというのはよくある話です。

モテる男はその分、男性から嫉妬されやすい状況にいます。嫉妬心が表に出てしまうと足を引っ張る人も出てきて、生活がしにくくなるものです。

なぜ男性はモテる男に嫉妬してしまうのか。

他人は他人として、自分の道を行くことができないのには理由があります。

女性にモテるということは、他の男性がもっていない魅力を多く持っているということです。

男性がモテる男に嫉妬する理由をご説明します。

モテる男が同性から嫉妬される理由

モテる男が同性から嫉妬される理由

モテる男はどうしても同性から嫉妬されることになってしまいます。

それはモテるということは男性として優れている部分が多いからです。

自分より優れた人間に対して嫉妬してしまうのは仕方が無いことで、モテるということはその嫉妬を受け止めることでもあります。

女性にモテるということはそれだけ魅力的な部分が多くありますので、ライバルとなる他の男性からすると面白くありません。

異性にモテる分だけ同性からは嫉妬されるのは自然なことです。

人間は誰しも自分が持っていない部分を羨ましく感じてしまいます。

モテるだけでも羨ましいのに、その他の部分まで優れていたのでは勝ち目がないので嫉妬するしかできません。

男の嫉妬は見苦しいとはいうものの、人間である以上は避けられないことです。

モテるだけでなくイケメン・高学歴である

モテるだけでなくイケメン・高学歴である

モテる男のスペックは高いものです。

そのスペックが高いか部分が嫉妬させる原因となってしまいます。

基本的にモテる男はイケメンあるいは高学歴です。両方を兼ね揃えている場合も多いです。

例えば自分の方がイケメンであるや、高学歴だということで優位性を保つことができれば嫉妬心も抑えることはできますが、相手の方が上回っているようであれば勝ち目はありません。

自分に劣等感を感じてしまい、相手の男性のことを妬ましく思うことになります。

イケメンでありたい、頭が良くなりたいと思っている男性にとって、自分に無いものをもっている男性は憧れの対象でもあります。

しかし素直に憧れることはプライドが許さないので、嫉妬という形で表れるのです。

モテるだけでなく仕事ができて上司に好かれている

モテるだけでなく仕事ができて上司に好かれている

モテる男の理由には仕事ができるという部分があります。

テキパキと仕事をこなし、実績も上げて上司からの信頼も厚いという完ぺきな男性は女性からモテます。

そして女性からモテるほどに仕事をこなすことができる男性は、当然上司からも優秀な部下として好かれることになります。

仕事はある意味男性にとって自己表現の場です。

そこに自分の存在価値を見出している人は多く、出世したいとという野心があればあるほど、自分よりも仕事ができる人に嫉妬してしまいます。

仕事ができなくて女性と遊んでいるだけの男性であれば見下すことで我慢もできましたが、仕事までできるとなると二重に嫉妬することとなります。

モテる男は要領が良いので仕事も恋も充実しているものです。

モテるだけでなく年収が高い。(高く見えてしまう)

モテるだけでなく年収が高い。(高く見えてしまう)

モテる男は仕事もきっちりこなしていますので年収も高いケースが多いです。

少なくとも身だしなみがしっかりとしていて、オシャレにも気を遣えているので年収が高いように見えます。

年収が高いということは男性のステータスとなります。そこに惹かれる女性が多いのも事実です。

お金を持っているということだけでも十分嫉妬の対象ではありますが、年収が高いということは大手企業に勤めていたり、重要な

仕事をしている場合がほとんどです。

年収が高ければ良い所にも住めますし、良い車に乗ることもできます。美味しいものを食べたり旅行だってできてしまいます。

自分が憧れていながら手の届かない生活をしているということは非常に羨ましく感じてしまうので嫉妬することになります。

モテるだけでなく美人の奥さんがいて子宝にも恵まれている。

モテるだけでなく美人の奥さんがいて子宝にも恵まれている。

モテる男は恋も自由にできますので、美人とお付き合いをするチャンスも多くあります。

そのまま結婚すれば、家に帰れば美人な奥さんが待っているという夢のような生活をすることができます。

自分さえその気になれば、若くして結婚することができますので子宝にも恵まれる可能性は高くなります。

まさに絵に描いたような幸せな生活をモテる男はすることができるのです。

男性にとって家庭を持つということは大きな目標の一つです。それが美人な奥さんであればなおさら素敵でしょう。

結婚願望がないという男性でも美人な奥さんであれば話は違ってきます。

モテる男はある種人生の成功者となるので、望んでもその生活を手にいれられていない男性からは嫉妬されることになってしまいます。

男からの嫉妬を回避する方法

男からの嫉妬を回避する方法

モテる男は嫉妬されやすい状況にいますが、それを回避することは可能です。

大切なのは男性からも好かれる振舞いをすることです。

男性は一体感を大切にするものです。例えば飲みに誘われた時やくだらない話をしている時に、その場のノリを無視しているようであれば「気取っている」と言われてしまいます。

男性はいくつになっても子供のようなところがありますので、「バカなことができる」というのは好かれる上でのキーワードとなります。

大人の振舞いをしているだけでは同性からの指示を得ることはできません。

また、あまり秘密は作らずに共有していくことも大事です。可能な範囲でプライベートについても暴露していくのが良いです。

付き合いを大切にしていれば男性からの嫉妬は回避することができます。

まとめ

まとめ

女性にモテるということはそれだけ魅力的な人物だということです。

しかしそれは残念ながら男性からは嫉妬の対象になってしまいます。

他の男性は常にライバルですので、優れた部分を多く持っている同性に嫉妬してしまうのはある程度は仕方がないことです。

ましてモテる場合は自分の好きな女性を奪われる可能性もありますので尚更です。

負けないように努力すればいい話ではあるものの、そう簡単なことではありません。

嫉妬している男性を非難するのではなく、モテることは反感を買うことになるという覚悟が必要になるます。

ただし、ライバル心を抱きながらも一体感も大切にするのが男性の特徴です。

仲間意識が芽生えれば嫉妬は回避できます。

モテるからといって、女性ばかりを意識するのではなく、男性とのコミュニケーションも大切にすることが重要です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
factory

factory

運営者経歴 30歳の時に知人と共同経営でECサイト運営の会社を起業し、私を含め社員たった2人で立ち上げから5年で年商1.5億円を達成します。起業して10年後、共同経営者からの度重なるパワハラに耐えきれず、会社を辞めるために弁護士を立てて退職金ゼロで役員を辞職。 恋愛について 今までは付き合った経験は一人しかいなく、口下手で奥手の私でしたが、35歳の時に一念発起。女性の気持ちを理解するために恋愛関係の本を200冊以上読み、38歳の時に10歳年下の女性と出会い結婚。 現在、42歳。同年代の男性の悩みを解決するべく日々頑張っております。

-デート&恋愛・ハウツー
-, ,

Copyright© otonamens-factory.jp , 2019 All Rights Reserved.