【筋トレマニア推奨】プロテインシェイカーおすすめ5選と正しい選び方

プロテインシェイカー

筋肉をつける上で欠かせないのがプロテインの摂取。

プロテインに対してこだわりを持つのは当然のことと思いますが、プロテインを作る際には、どのようなシェイカーで作るかも大事になります。

シェイカーには様々な種類がありますが、どれも同じということはなく、メーカーによって使いやすさが異なるのを知っていますか?

今回の記事ではプロテインシェイカーの選び方・オススメのシェイカーについてご紹介します。

プロテインシェイカーの選び方

シャイカー選び

プロテインシェイカーなんてどれも同じだと思われがちですが、メーカーによって使いやすさが変わってきます!

まずは、シェイカーを選んでいく上で最低限必要な基準をご紹介しましょう♪

こぼれにくいか?

プロテインを作る際、シェイカーに水や牛乳などの飲料とプロテインパウダーを入れてシェイクしますが、その際にシェイカーのフタがうまく閉まらずにこぼれてしまう可能性があります。

一般的に販売されているシェイカーは年数が経つとフタが劣化してこのような状態になりがちです。

プロテインをシェイクする時に飛び散ったら、片付けるのも一苦労

なので価格だけで選ばないようにしましょう。

よく溶けるか?

実は、シェイカーによってプロテインパウダーの溶け具合は大きく異なります。

どれだけ振っても溶けない、ダマができるといったことがしばしばあり、これはプロテインパウダー自体の問題もありますが、シェイカーの影響も少なくないんです。

高機能のシェイカーであれば、より溶けやすくなるような工夫がされていますので、少し高価でも長く使うことを考えたときには、溶けやすさも重視しなければなりません。

用途にあったサイズか?

シェイカーにはサイズがあり、水を入れることのできる量に違いがあります。

一般的なシェイカーの場合は400ml程が限界となっていますが、ものによっては700ml程入るものもあります。

プロテインシェイカーはプロテインを作るものとしての用途の他にも、筋トレをする時のドリンクを入れることも可能ですので、幅広く使いたいのであれば、大型の物を選びましょう。

プロテインシェイカーおすすめ5選

数ある中でも私がオススメするプロテインシェイカーを5つ紹介します。

おすすめのプロテインシェイカー1.ザバスプロテインシェイカー(500ml)

ザバスプロテインシェイカー

大手プロテインメーカーのザバスより販売されているシェイカー。

このシェイカーは強く振っても液漏れしないように、密閉性の高いフタを採用しているのが特徴。

他のメーカーと異なり、閉めた際に「カチッ」という感触があるので、しっかり閉まったのを確認することができます。

シンプルに見えるシェイカーですが、他のメーカーのものとは一線を画すシェイカーであり、価格も安いので初心者の方にもおすすめ。

ザバスプロテインシェーカー (500ml)

ザバスプロテインシェーカー (500ml)

334円(11/20 05:53時点)
Amazonの情報を掲載しています

おすすめのプロテインシェイカー2.ブレンダーボトル

ブレンダーボトル

ブレンダーボトルは、有名なボディビルダーやフィジーカーも使用しており、高い信頼を得ているシェイカー。

特徴は付属しているブレンダーボールという、網状の球体です。

ブレンダーボール

ブレンダーボール

ブレンダーボールがあることにより、プロテインパウダーが飲料と混ざりやすくなり、ダマができにくくなります。

特許製法で作られたシェイカーですので、類似品に注意の上購入しましょう。

おすすめのプロテインシェイカー3.ハレオ パワーシェイカー

ハレオ パワーシェイカー

パウダーが溶けやすいように取り外し可能なブレンダーボールがありますので、溶けにくいタイプのプロテインや、その他のアミノ酸パウダーを入れてもよく溶けるという特徴が1つ。

そして、底の部分にはパウダーケースがついています

ここにプロテインパウダーやサプリメントを入れておき、使用する際に取り外して水と混ぜることが可能になりますので、持ち運びに非常に便利。

さらに、800mlの飲料を入れることができますので、プロテインを飲む際以外にもドリンクを入れるボトルとしての用途も可能。

性能に優れた高級シェイカーです。

おすすめのプロテインシェイカー4.DNSハンディシェイカー

DNSハンディシェイカー

国内サプリメントメーカーのDNSから販売されているシェイカー。

特徴はフタの部分にある取っ手にあります。一見変な形に見え、取っ手なんか必要なのか?と思うこともありますが、実際に使って見てその便利さに気づく商品です。

取っ手があることで持ち運びやすくなりますし、締める際にも簡単。価格も安いので購入しやすいのも嬉しいポイントといえるでしょう。

DNS HANDY SHAKER (ハンディーシェイカー)

DNS HANDY SHAKER (ハンディーシェイカー)

320円(11/21 01:33時点)
Amazonの情報を掲載しています

おすすめのプロテインシェイカー5.電動シェイカーPROMIXX

電動シェイカーPROMIXX

最後に紹介するのは、電動シェイカーのPROMIXX。

名前を見ておわかりの通り、電動のシェイカーとなっており、底にあるスクリューが駆動することで強力な渦を作り出し、最高の溶けやすさを実現します。

プロテインパウダーはもちろん、溶けにくいとされるHMB、クレアチンやマルトデキストリンなどの粉末を混ぜて作ることもできる優れもの。

高価ではありますが1台持っておいて損はないでしょう。

電動シェーカーPROMIXX ホワイト 600ml [並行輸入品]

電動シェーカーPROMIXX ホワイト 600ml [並行輸入品]

3,990円(11/21 01:33時点)
Amazonの情報を掲載しています

たががプロテインシェイカーと思うな!

まとめ

↓↓今回の記事のまとめはこちら↓↓

【プロテインシェイカーの選び方に重要なのは】

1,こぼれにくいか?
2,シャイくしてすぐにプロテインが溶けるか。
3、用途にあったサイズか?

【おすすめのプロテインシェイカー5選】

・ザバスプロテインシェイカー(500ml)
・ブレンダーボトル
・ハレオ パワーシェイカー
・DNSハンディシェイカー
・電動シェイカーPROMIXX

いかがでしたか?ジムや会社に持ち運びなど永く使おうと思うなら、付属品の物だと水漏れしたり直ぐにダメになります。持ち運び中、プロテインがこぼれてカバンの中が大惨事にならないためにも、自分の用途にあったシェイカーを持つのがオススメ。