サムイ島で30日間ビザを延長する方法とイミグレーションの場所

サムイ島で30日間ビザを延長する方法とイミグレーションの場所

長期間(30日以上)海外に滞在するときには、あらかじめ日本国内で長期の旅行ビザを取得するか、現地のイミグレーションでビザを延長する必要がありますよね。

今回は、私が体験したタイ(サムイ島)でのビザ申請に関する内容ややり方、現地でビザの延長申請をするメリットをまとめてみました。

▼バンコクからサムイ島へ激安で行く方法はこちら▼

>>知らないと損!2100円で行くバンコク~サムイ島の行き方激安チケット

▼サムイ島の夜のスポットはこちら▼

>>サムイ島の夜遊びナイトスポット3選!【サムイ島在住者が教える】

日本でビザ申請するよりの現地で申請の方がいい理由

日本でビザ申請するよりの現地で申請の方がいい理由

夫婦で3ヶ月間タイに行く予定を立てていたので、日本でビザの延長(30日⇒60日)申請をしてから行こうと思い、日本のタイ大使館に行ったらとても面倒な目にあいました。

ハッキリ言って日本では2度とビザの延長申請をしたくないです。

大使館にでビザの延長申請をするにあたって、ネットで調べて以下の書類を持参して提出したところ、かなり面倒な追加資料の提出を求められ、泣く泣く諦めた時の話。

用意した書類

  • 飛行機の予約用紙
  • 通帳残高証明書
  • 自分の会社の謄本
  • 宿泊先の住所(友人宅なのでその人のパスポート類のコピー)
  • 渡航理由の記載用紙

タイ大使館の担当者に求められた追加書類は、

タイでの宿泊先である友人のパスポート以外の身分証

友人の会社の証明書(謄本のようなもの)の提示

の2つ。

正直、こんなものを求められてもすぐに用意できるわけでもなく、用意してもまた難癖付けられそうだったので日本でのビザの延長申請は諦めました。

以前、一人で約2ヶ月間タイに行った時に申請した時は

  • 通帳残高証明書
  • 渡航理由
  • 適当なホテルの住所を書いた用紙

のみで直ぐにOKもらえたのですが、今回はスムーズに行かなく、ダメ出しをくらってしまいました。

何回も大使館行くのが嫌だったから一通り準備してきたのに、ああだこうだ言われ(汗)

労働しに行くんじゃ無くて遊びに行くだけなのに・・何でこんなに面倒くさいの!前はもっと簡単でよかったじゃん!!

因みに日本にあるタイ大使館は東京と大阪の二箇所のみです。

知人に聞いたら特に東京は申請が細かいらしく、普通はここまで言われる事はないのですが、受付の人が手続きを勘違いしてたのか・・運が悪かったと思うしかない。

その後、現地でもビザの申請ができることを知り、滞在先のタイのサムイ島でビザの延長申請をしたところ、

 

信じられないくらい簡単にできました(;’∀’)。

 

最初から言っといてくれよ、本当に面倒くさかったのに・・

日本のタイ大使館では何時間も待たされ、公的な書類含め何度も面倒なやり取りをしなければいけなかったのに・・

現地だとパスポートと6000円くらいのお金だけあれば20分くらいで終わります。

信じられないくらい楽で簡単だし、係の人も親切です。

もう絶対に日本で手続きしないぞ!

2か月以上(3か月)の滞在でも、日帰りで隣の国にいってパスポートにスタンプを押して帰って来ればOK!

4ヶ月の滞在ならマレーシアのコタバルにタイ大使館があるので3泊4日かけてツーリストビザ(2ヶ月)を取れます。※サムイ島に長期でいたい場合。

現地でビザを申請するメリットとデメリット

現地タイでビザ申請するメリットは何といっても、1日で終わり、最短で20分で終了すること

日本だと、最低でも2回以上タイ大使館に行く必要があり、さらに、待ち時間が2・3時間はざら!

私は東京のタイ大使館で4時間かかりました!

しかも、書類不備があると、3・4回と通う羽目になります。

現地(タイ)でビザを申請するデメリットわ、ビザ申請の料金。

日本で観光ビザを取得するのに4500円ですが、タイでは約6000円ほどかかります。

ですが、最低でも日本のタイ大使館には2回は通わなければなりません。

交通費の事を考えると、現地タイでビザ申請した方が待ち時間もなく、トータル的にもメリットが大きいといえます。

タイ(サムイ島)で、続けて2か月・3ヵ月・4か月とビザを取得するには

タイ(サムイ島)で、続けて2か月・3ヵ月・4か月とビザを取得するには

今回は4か月サムイ島にいる人向けのビザ取得方法を紹介します。

1ヶ月目、ビザなしでサムイ島で過ごす。

2ヶ月目、サムイ島のイミグレーションに行き、ビザ申請(20分前後終了)これで30日間延長が可能!

3ヶ月目、違う国の国境をまたぐ必要があるので、私達は観光ついでにマレーシアに行ってきました。(どの国でもOK、マレーシアなら日帰りでも行ける)

4ヶ月タイに滞在する予定なら、マレーシアに行った時にツーリストビザを申請すると、4か月いれるよ!

※ツーリストビザとは、2ヵ月滞在していい許可書。

4ヶ月も滞在する予定はなかったけど、急遽タイに長く滞在することになった人は5か月目の記載と同じ様にしよう。

5ヵ月目からは、2か月目と同じ。

6か月目は、3ヶ月目と同じだよ。

▲疑問に出てくるのが、何回これが繰り返しできるのか問題!

正直これは何とも言えない!運です!

私の知り合いでは最高8か月上記の内容で繰り返し滞在していましたが、現実問題6ヵ月までと考えるのが無難。

私も6ヵ月タイにこれで滞在してました。

ポイント

・陸路で隣の国にまたげるのは、1月~12月までに2回まで。※年が変わればまた、2回陸路で移動が可能。

・陸路で隣の国に行けるのは年に2回までだけど、飛行機では何回でもOK。

サムイ島のイミグレで事前に用意するもの・用意しとくと楽なもの

サムイ島のイミグレで事前に用意するもの・用意しとくと楽なもの

  • パスポート
  • パスポートコピー(自分の顔写真が写っているページ)
  • パスポートに挟んである出国カードのコピー
  • 証明写真2枚
  • 申込書 (イミグレーションホームページ)
  • 宿の住所のチェック
  • 30日間の延長料金1900バーツ

(注)コピーや写真はイミグレーションでもできます。

コピー1枚 20バーツ

証明写真 60バーツ

サムイ島のイミグレーションの場所

営業時間:8時30分~12時00分 13時00分~16時30分

定休日:土曜・日曜日

目印はファミリーマート!

ファミリーマート

〇ファミリーマート横の道を曲がってから約300m行く。

小さい看板が見えるので、そこを右に曲がったら目の前がイミグレです(看板は小さくてわかりにくいのでとにかく右側を見ていたら分かると思います)

イミグレの曲がり角

この建物が見える↓

サムイのイミグレ

簡単なマップ

イミグレの建物概要

簡単ノービザで30日間ビザ延長のやり方

簡単ノービザで30日間ビザ延長のやり方

写真とパスポートのコピーを用意してなかったので、イミグレーションの建物の前にある建物で証明写真とパスポートのコピーをしました。

 

申込書用紙もそこにあったので記入☆

もし、今泊まっている宿の住所がわからなくなってしまった場合は、検索できる場所が隣にあるので検索してみてください。

▼イミグレーションを背にして見た風景▼

イミグレの道

ビザ延長申請書の書き方

ビザ延長申請書:表

ビザ延長申請書:裏

パスポートのコピー

▼▼イミグレーション2階はこんな感じ▼▼

ここにも記入用紙があるので書いたら2番の窓口に行って、パスポートと記入用紙と1900バーツを渡します。

イミグレ2階

番号札をもらいました。

イミグレ受付番号

待つこと10分!

4番の窓口で自分の番号を呼ばれ、パスポートをもらい終了。

4番窓口

まとめ

私も妻も英語は苦手ですが、イミグレでは分からない所は係の人が教えてくれるので、慌てずにすぐに手続きを終わらせることができました。

待ち時間も10分位ですみ、日本のタイ大使館で何時間も待たされ、何回も行き来するより断然楽です!!

2か月程度の滞在なら日本で面倒な手続きをするより現地で申請すれば、あっという間に終わるのでおすすめ。

▼一緒に読みたい関連記事▼

サムイ島から行く!日帰りナンユアン島ツアーで1日満喫コース

>>サムイ島での食事はシーフードレストランがおすすめ!チャウエン・ボプット【タイ】

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で