テストステロンの分泌が増える最強食事を大公開!玉ねぎについても解説

テストステロンを増やす料理や食材が知りたい人

「テストステロンを増やす料理や食材が知りたい

テストステロンって食事で増やすことができると聞いたけど、本当に増えるの?

食事以外にも手軽にテストステロンが増やせる方法があれば知りたいな。」

 

otonamens編集部
otonamens編集部
テストステロンが増えて、モテ力が高まれば以下の記事を参考に楽しもう♪

>>40代男性におすすめのマッチングアプリ【最新版】

40代男性におすすめのマッチングアプリ【2019年7月最新版】 40代男性におすすめのマッチングアプリ【2020年最新版】

 

▼一緒に読みたい関連記事▼

>>これで間違いなし!テストステロンサプリおすすめランキング【最新版】

>>テストステロンで年収5倍増!顔つきまで変わってモテるって本当?

 

テストステロンとは?

テストステロンとは?

テストステロンは男性に多く分泌されるステロイド・ホルモンのことで、全身のエネルギーとして大切な物質のことです。

 

成人男性が1日に分泌するホルモンは約7mg前後と言われており、主な働きとしては性欲を亢進・二次性徴時の声変わり、ヒゲや体毛の成長や筋肉・骨格を形成しているんですよ。

 

otonamens編集部
otonamens編集部
基本ホルモンであるテストステロンは、男性だけでなく女性の体内にも存在しますが、男性の5~10%と言われています。

 

テストステロンが増えるとどうなるのか

テストステロンが増えるとどうなるのか

・筋肉の形成を促して男らしい身体になる

・やる気が向上する(ドーパミンの分泌)

 

テストステロンにより身体に及ぼす効果は、筋肉の合成を促進させるため筋肉を大きくしてくれることです。

天然の筋肉増強剤と言われているテストステロンは、プロテインと併用することで更なる効果を発揮してくれます。

 

otonamens編集部
otonamens編集部
さらにテストステロンは、脳にやる気や意欲、そして集中力を出すように指示をするドーパミンの分泌を促してくれる効果が!

そのほかにテストステロンは、ミトコンドリアとの相性が良く、若々しい見た目を手に入れることが出来ます。

 

それではテストステロンが増える食事とはどんなものがあるのでしょうか?

 

テストステロンを効率的に増やす食材

テストステロンを効率的に増やす食材

テストステロンを効率的に増やすには下記の成分が含んだ食材を摂取することが重要。

  • タンパク質(必須アミノ酸)
  • セレン
  • 亜鉛
  • 流化アリル(アリシン)
  • 抗酸化ビタミン(ビタミンC・ビタミンE)
  • ビタミンD
  • 脂質

この成分が多く含まれる食材を紹介します。

タンパク質(必須アミノ酸)が多い食材

タンパク質には、筋肉の形成に加えて男性ホルモンを増量する効果もあり、良質なタンパク質の摂取はテストステロン値の上昇が見込めます。

 

そこでオススメなのが豚ヒレ肉を使った料理としておススメなのが「豚ヒレ肉のホイル焼き」。

 

otonamens編集部
otonamens編集部
タンパク質を多く含んだ食材として牛肉や鶏肉などを思い浮かべる方が多いと思いますが、意外にも豚ヒレ肉も良質なタンパク質を多く含んでいる食材なんですよ。

 

セレンが多い食材

セレンとは、主に体内の酸化を防止する作用を持つミネラルで、抗酸化酵素の活性化を助け、がんや動脈硬化の予防などの点から注目されている成分です。

 

抗酸化力があるため、セレンをしっかりと摂れているとテストステロンの分泌を増やしてくれるというメリットも。

 

otonamens編集部
otonamens編集部
セレンが多く含まれている食材にはイワシなどの魚介類がありますが、ここではイワシの蒲焼を紹介します。

 

亜鉛が多い食材

亜鉛にはテストステロンの分泌をより促進させる働きがあります。

 

亜鉛を含んだ料理としてご紹介するのは、牡蠣のホイル焼きです。

otonamens編集部
otonamens編集部
お好みでレモンなどを添えると亜鉛の吸収も良くなるのでぜひ試してみてください。

牡蠣以外にも亜鉛を含んでいる食材として牛肉や豚肉、ナッツ類や卵などもおすすめです。

 

流化アリル(アリシン)が多い食材

アリシンは糖の代謝を促進し、エネルギーの産生を助けるので疲労回復やスタミナを増強する高い効果があります。

 

ユリ科の香味野菜に多く、ニンニクやネギ、ニラやラッキョウなどもアリシンを多く含む食材です。

otonamens編集部
otonamens編集部
アリシンを摂取するための料理に、玉ねぎの酢漬けがあります。

 

抗酸化ビタミン(ビタミンC・ビタミンE)が多い食材

ビタミンCやビタミンEを摂取することで、抗酸化作用により効果的に身体の酸化を防ぎ、身体のコンディションが整いテストステロンの分泌が促進します。

 

ビタミンCを多く含む食材にアセロラがありますが、売っていない場合はアセロラドリンクで代用することが可能です。

また、ブロッコリーはビタミンEを多く含まれているので進んで摂取しましょう。

ビタミンDが多い食材

小腸や腎臓でカルシウムとリンの吸収を促進する、それによって血液中のカルシウム濃度を保ち丈夫な骨を作る働きがあるビタミンD。

 

otonamens編集部
otonamens編集部
ビタミンDを豊富に含む食材は、魚介類、卵類、きのこ類など比較的限られていますが、その中でもキノコを使った、キノコのベーコン炒めがとてもおススメ。

 

 

また、ビタミンDは食べ物から摂るほかに、日光を浴びることでも体内である程度つくり出せます。

otonamens編集部
otonamens編集部
食事だけでなく、適度な日光浴と運動もおこなうとさらに良いでしょう。

 

良質な脂質が多い食材

テストステロンと相性がいいオメガ3脂肪酸は、筋肉の合成を促進してくれます。

 

オメガ3脂肪酸は植物や魚に多く含まれており、体内では合成することができない必須脂肪酸です。

 

otonamens編集部
otonamens編集部
摂取方法としては、くるみやナッツ類を食べるのも良いですし、油で言うならばアマニ油やエゴマ油をサラダなどの料理にかけて食べるという方法などがあります。

 

適量として、油の場合は1日あたり小さじ1杯ほどを目安に摂取するようにしましょう。

 

食事で摂取できない場合はサプリで補う

食事で摂取できない場合はサプリで補う

仕事が忙しくて料理が作れない人や外食が多い人は、サプリメントを摂取して補うこともおすすめです。

 

そこで食事する以外でテストステロンが効率よくアップするサプリをご紹介します。

外食が多い人は進んでサプリを飲んでみましょう。

海乳X

疲労回復サプリランキング4位:カキエキス・亜鉛サプリメント「海乳EX」

海乳EXは、1袋に瀬戸内海産の牡蠣を約155個も使用しており、亜鉛をしっかり摂取することができるサプリメントです。

 

男性が1日に必要な亜鉛は12mgと言われていますが、1日の食事でとれる亜鉛の平均は8mg程度しかなく、亜鉛不足は否めません。

 

このサプリはブロッコリーの約44倍の含有量を誇る牡蠣の亜鉛を、誰でも簡単に摂取することができるようになります。

1袋に牡蠣155個分のエキス配合:海乳EX
1袋に牡蠣155個分のエキス配合:海乳EX

初回980円(税込)

>> 販売サイトで購入

  • 内容量 :31.6g〔1粒重量510mg(1粒内容量300mg)×62粒〕
  • 摂取目安量:1日2粒を目安に水またはぬるま湯で噛まずにお召上がりください。
  • 保存方法:直射日光・高温多湿を避けて常温で保存してください。
  • 賞味期限:約2年
  • 原材料:オリーブオイル、牡蠣肉エキス末、酵母、アマニオイル/ゼラチン、グリセリン、ミツロウ、グリセリン脂肪酸エステル、着色料(イカスミ色素)、ビタミンE、ビタミンC

 

キングアガリクス

キングアガリクスとは自然栽培したビタミンDを多く含んだきのこを粉末状にしたものです。

 

ビタミンDはステロイド値を高める効果があることが、アメリカノースカロライナ州で行われた実験で証明されています。

さらに、このサプリは100%天然のきのこなので、安心して毎日摂取することが可能。

ビタミンDを食事で摂取しにくい人にはオススメのサプリメントです。

キングアガリクス100

>> 販売サイトで購入

 

テストステロンを増やす方法

テストステロンを増やす方法

テストステロンを増やすには、食事の他に筋力トレーニングが効率のいい方法です。

 

特に体の中でも大きい筋肉である、太ももを中心とした下半身背中を重点的に鍛えることで効率よく筋肉量をアップすることが可能。

 

また、質の高い睡眠をとることでもテストステロンの量を増やすことが可能ですので、睡眠は特に意識したほうが良いでしょう。

質の良い睡眠をとるためには、寝る2・3時前に暴飲暴食や激しい運動を避けるように気を付けて下さい。

 

otonamens編集部
otonamens編集部

 

テストステロンが減るとどうなるのか

テストステロンが減るとどうなるのか

・中高年男性の更年期障害

・動脈硬化や認知症、前立腺がん

個人差はあるものの、年齢を重なるにつれてもテストステロン値は減少し、それにより男性更年期障害を引き起こします。

 

テストステロンが減少すると血管が収縮し、血液の流れの悪化を招くので、動脈硬化や心筋梗塞・脳梗塞・狭心症などにつながる危険性があります。

 

テストステロンが減少すると脳の海馬の働きが低下するため、記憶や認知機能が低下し認知症につながる恐れが。

また、現役の医師が運営する医療 Web メディア「メディアネット」でも、テストステロンの減少により前立腺がんにかかる率が高いとされています。

 

個人差はあるものの、年齢を重なるにつれてもテストステロン値は減少し、それにより男性更年期障害を引き起こします。

 

テストステロンは食事でも増やせる

テストステロンは食事でも増やせる

加齢によって年々減少していくテストステロンですが、筋トレや食事で減っていく分を十分補うことは可能です。

今回紹介した食材やサプリでテストステロンを増やして、どんどんモテる男に近づきましょう!

 

▼一緒に読みたい関連記事▼

>>テストステロンの増やし方12選!モテホルモンで男らしさを爆上げ

>>食事で筋肉が減る!?筋肉をつける食事で筋肉量を爆発的に増やす方法

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で